音楽や動画などの容量の大きい通信

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

格安SIMを使うことができた場合、携帯電話料金を安くできます。

au等ですと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者だと月に1000円程度ということも。

ここはひとつ、検討してみても良いかもしれません。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

今、格安SIMを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

たとえば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、データ回線の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

大手キャリアのスマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。

ただし、SIMロックが設定されていても、docomoの端末の場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのサービスを利用することができます。

SIMとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなく回線や設備の品質も含めて事業者を選択する必要があることが分かります。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものはそのままでは使えません。

そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒おすすめの格安SIMでテザリング

cockpitokaya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です